Blog Management

【初心者でもわかる図解付き】Word Pressでブログを始める方法

投稿日:2019年3月4日 更新日:

ロケット_スタート

こんにちは、Takafumiです。

今回は自身の備忘も兼ねて、Word Press でブログを開設する手順を記していきます。

 

こんな人にオススメ

  • 初心者だけどWord Press でブログを始めたい。
  • そもそも「サーバー」とか「ドメイン」とか難しそう。
  • Word Press でブログを始める手順を簡単に知りたい。

 

 

ブログ開設の手順

Word Press でブログを開設する手順はザックリ以下のような流れです。

① レンタルサーバーを契約

② ドメインを取得

③ ドメインをサーバーに設定

④ Word Press をサーバーにインストール

⑤ Word Press の最低限の設定

見ての通り5つの手順ですので、それほど難しいものではありません。

というより簡単です。

僕も初めは不安でしたが、手順通りに行ったら意外と簡単にブログを開設できました。

 

では、具体的に行っていきましょう。

 

 

レンタルサーバーを契約

「サーバー」って何?

簡単に表現するならばインターネット上の「部屋」です。

「レンタルサーバー」とはインターネット上に「部屋」を「レンタル」するもの、つまり賃貸マンションやアパートを借りるのと一緒ですね。

 

 

他にも色々ありますが、本記事ではXSERVER を使用した場合で書いていきます。

ちなみに、初心者でどのサーバーをレンタルすれば良いかわからない場合、とりあえずXSERVERで契約しておけば間違いないです。

 

XSERVER契約手順

先ずはXSERVERにアクセスしてください。

トップページはこんな感じです。

XSERVER_top1

・ページ上部のメニューバーから「お申込み」をクリック

・開いたタブから「お申込みフォーム」をクリック

 

すると以下のページが表示されます。

XSERVER_申込

・「サーバー新規お申込み」をクリック

 

すると「お申込みフォーム」が表示されます。

ここでのポイントは以下の通りです。

XSERVER_申込フォーム

・サーバーID(初期ドメイン)

XSERVERでのIDです。これから開設するブログのURLではありません。

あまり悩まずテキトーでOKです。

・プラン

「とりあえず始めてみよう」という初心者なら(加えて言うと個人での運用なら)、

「X10(スタンダード)」で問題ありません。

ちなみに、僕も現在のところ「X10」で不満はありません。どうしてもというなら、

途中で変更すればOKです。

あとは名前、住所、連絡先などの情報を入力して申し込みましょう。

 

ここまで終えると、

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[使用期間]

というメールが届きます。

このメールには、後ほど使用するIDやパスワードが記載されていますので、消さないようにしましょう。IDやパスワードはメモしておくと良いですね。

 

何となく一段落ついた感じですが、もう少し行いましょう。

 

次は料金の支払いです。

 

実はまだ(当然ですが)、「無料お試し10日間」モードです。この段階で料金を支払っておきましょう。ここで料金支払いの手続きをしても、「無料お試し10日間」が過ぎてからの課金となりますので安心してください。

 

むしろ支払いを忘れると、ここまでの設定やこれから行う設定もすべてやり直さなければなりません。

 

料金を支払うにはXSERVERの「インフォパネル」にログインする必要があります。

XSERVER_top2

・XSERVERトップページ上部のメニューバーにある「ログイン」をクリック

・「インフォパネル」をクリック

するとログイン画面が表示されます。

XSERVER_インフォパネル_ログイン

・XSERVERより送られたメールに記載されているインフォパネルログイン用のIDとパスワードを入力する

XSERVER_インフォパネル_top

・ログインできたら、画面左の「決済関連」の中にある「料金のお支払い」をクリック

XSERVER_インフォパネル_支払い

・チェックボックスをクリック

・更新期間を選択する

・「お支払い方法を選択する」をクリック

以降は支払いを確定させればOKです。

 

これで、サーバーの契約が完了しました。

 

ドメインを取得

「ドメイン」って何?

上記で「サーバー」は「部屋」と表現しました。「ドメイン」とはその部屋の「表札」みたいなものです。

例えば、このブログは「https://bloglaboratory.com」というURLですが、この「bloglaboratory.com」の部分がドメインということになります。

なお、「.com」だとか「.net」だとか「.jp」だとかありますが、何にするか困ったら「.com」が無難です。

 

 

ドメインはどこで取得してもOKですが、迷ったらお名前.comがオススメです。

 

本記事では、お名前.comを使用した場合で書いていきます。

 

お名前.comでドメイン取得する手順

先ずはお名前.comにアクセスしてください。

お名前ドットコム_top

・ページ上部の検索窓に希望のドメインを入力し、「検索」をクリック

お名前ドットコム_ドメイン検索

・希望のドメインにチェックを入れる

・「料金確認へ進む」をクリック

お名前ドットコム_申込

・登録年数を選択(とりあえず1年でOK)

・Whois情報公開代行にチェック(これ、必ず行いましょう)

・画面右にメールアドレスとパスワードを登録して、「次へ」をクリック

(【重要】パスワードはメモしておきましょう)

なお、「Whois情報公開代行メール転送オプション」や「ドメインプロテクション」といったオプションは契約しなくて一旦OKです。また、サーバーの契約もXSERVERで行っているので、契約しないようにしましょう。

 

お名前ドットコム_支払い

・氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの情報を入力する

・支払い方法を選択する

・「申込む」をクリック

ここまで行うと、お名前.comから何通かメールが来ます。

【重要】【お名前.com】ドメイン情報認証のお願い

メールアドレスの認証です。必ず行ってください。

[お名前.com]会員情報変更 完了通知

このメールに記載されている会員IDは先のパスワードと合わせてメモしておきましょう。

 

ドメインをサーバーに設定

ここまででサーバーとドメインの契約が終わったわけですが、まだWord PressをインストールしてもWEB上にブログは表示されません。

 

次は、お名前.comとXSERVERでサーバーにドメインを設定する作業が必要になります。難しそうですが、以下の手順に従って行えば心配ありません。

 

お名前.comの設定

先ずは、お名前.comにアクセスしてください。

お名前ドットコム_top2

・トップページ右上のログインボタンをクリック

お名前ドットコム_Navi_ログイン

・「お名前.com Navi」にログインする

(IDとパスワードは先ほどメモしたものです)

お名前ドットコム_Navi_top

・ページ上部のメニューが「TOP」になっているか確認する

(「TOP」であれば上記のようなページが表示されているはずです)

・ページ中ほどの「ご利用状況」という項目から「ドメイン一覧」をクリック

以下のようなページが表示されます。

お名前ドットコム_Navi_ドメイン選択

・「初期設定」をクリック

※画像では「その他」となっていますが、はじめて設定する際はネームサーバー欄が「初期設定」となっているはずです。

以下のようなページが表示されます。

お名前ドットコム_Navi_DNS設定

・「2.ネームサーバー」という項目から「その他」をクリック

・「その他のネームサーバーを使う」にチェックを入れる

・右下の「+」を押し、「ネームサーバー5」まで開く

そこまで行ったら以下の内容を入力してください。

ネームサーバー1 : ns1.xserver.jp

ネームサーバー2 : ns2.xserver.jp

ネームサーバー3 : ns3.xserver.jp

ネームサーバー4 : ns4.xserver.jp

ネームサーバー5 : ns5.xserver.jp

なお、入力する情報は、

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ

というメールに記載されています。

入力し終えたら、「確認」、「OK」の順にクリックすれば完了です。

 

XSERVERの設定

先ずはXSERVERにアクセスしてください。

XSERVER_top3

・XSERVERトップページ上部のメニューバーにある「ログイン」をクリック

・「サーバーパネル」をクリック

ここで注意なのは、料金を支払う際にログインしたのは「インフォパネル」で、今回ログインするのは「サーバーパネル」です。ややこしいのですが、ログインIDとパスワードが「インフォパネル」にログインしたものと異なります。

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[使用期間]

というメールに「サーバーパネル」にログインするためのIDとパスワードが記載されているので確認してください。

XSERVER_サーバーパネル_top

・「サーバーパネル」にログインできたら、「ドメイン」という項目の「ドメイン設定」をクリック

XSERVER_サーバーパネル_ドメイン設定

・「ドメイン設定の追加」をクリック

XSERVER_サーバーパネル_ドメイン設定2

・お名前.comで取得したドメイン名を入力

・「無料独自SSLを利用する(推奨)にチェックがあるか確認(無ければチェック)

・「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)にチェックがあるか確認(無ければチェック)

・「ドメイン設定の追加(確認)」をクリック

あとは確認画面が出てくるので「ドメイン設定の追加(確定)」をクリック

 

完了画面で「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示されている場合

XSERVER_サーバーパネル_top2

・「サーバーパネル」に戻り、「ドメイン」という項目から「SSL設定」をクリック

XSERVER_サーバーパネル_SSL設定

・「独自SSL設定の追加」というタブを選択

・設定対象ドメインがSSL化したいものか確認

・「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックする

これでOKです。

 

Word Press をサーバーにインストール

さて、ここまで大丈夫ですか?ちょっと疲れましたよね?でもあと少しです。

いよいよWord Pressをインストールしていきます。インストール自体はとっても簡単なので気楽にいきましょう。

ここまでチャカポコやってきたXSERVERの「サーバーパネル」にアクセスしてください。

XSERVER_サーバーパネル_top3

・「Word Press」という項目の「Word Press簡単インストール」をクリック

XSERVER_サーバーパネル_WPインストール

・ドメイン選択画面からインストールするURLを選ぶ

・「Word Pressインストール」というタブをクリック

ここまで行ったら、以下の内容を入力してください。

インストールURL : そのままでOK

ブログ名 : ブログタイトルを入力(後から変更はできます)

ユーザ名 : Word Pressにログインする際に使用します。

パスワード : 同じくWord Pressにログインする際に使用します。

メールアドレス : 自分のメールアドレス。

キャッシュ自動削除 : 「ON」のままでOK

データベース : そのまま「自動でデータベースを生成する」でOK

入力できたらインストール(確認)、インストール(確定)とクリックすればインストール完了です。

 

インストール完了後に表示されるページは必ずメモしておきましょう。

 

Word Press の最低限の設定

ここからはいくつか最低限の設定を行っていきます。とはいえ、必ず行うべき設定なので、もうひと頑張りしましょう。

 

URLを「http://~」から「https://~」にする

この設定を行っておかないとSSL設定をした意味がありません。必ず設定しましょう。

先ずは、Word Pressにログインします。

WP_ログイン

・Word Pressインストールの際に決めたIDとパスワードを入力してログイン

ちなみに、ブログのURLに「/wp-admin/」をつければログインページにアクセスできます。

WP_ダッシュボード

・画面左のメニューから「設定」をクリック

・さらに開いたメニューから「一般」をクリック

WP_設定_一般

・「キャッチフレーズ」を空欄にする

・「WordPressアドレス(URL)」の「http://~」を「https://~」に変更する

・「サイトアドレス(URL)」の「http://~」を「https://~」に変更する

 

リダイレクト設定

ここまでの設定でSSLを設定したため、URLは「https://」から始まるURLが正しいURLとなります。

 

このリダイレクト設定とは、「http://」から始まるURLで検索した場合やリンクがされた場合に、「https://」から始まるURLに飛ばす設定となります。

 

先ずは、XSERVERの「サーバーパネル」にアクセスしてください。

XSERVER_サーバーパネル_top4

・「ホームページ」という項目から「.htaccess編集」をクリック

XSERVER_サーバーパネル_htaccess

・「.htaccess編集」というタブをクリック

XSERVER_サーバーパネル_htaccess2

ここで表示される文字列の先頭に、

<IfModule mod_rewrite.c>

RewriteCond %{HTTPS} off

RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

</IfModule>

をコピペします。

 

元々表示されている文字列は画像と異なる可能性がありますが、気にせず手順通りに行ってください。

 

あとは「.htaccessを編集する(確認)」、「.htaccessを編集する(確定)」とクリックしていけばOKです。

 

パーマリンクの設定

パーマリンクとは記事のURLです。

具体的には、

「https://○○.com/□□」

「□□」の部分です。

 

先ずは、WordPressにログインします。

WP_ダッシュボード2

・画面左のメニューから「設定」をクリック

・さらに開いたメニューから「パーマリンク設定」をクリック

WP_設定_パーマリンク

・「カスタム構造」をクリック

・入力欄に「/%postname%/」と入力

あとは「変更を保存」をクリックして完了です。

 

これでパーマリンクを自由に編集出来るようになるのですが、具体的にどんなURLにすれば良いか困りますよね?

 

原則、記事の要旨を端的に英語で表現します。

百聞は一見に如かずということで、実際にブラウザ上部にあるURLを見てみると参考になるかもしれません。

 

まとめ

お疲れ様でした。以上でとりあえずの設定はOKです。

ここまでのおさらいです。

【Word Press でブログを開設する手順】

① レンタルサーバーを契約

② ドメインを取得

③ ドメインをサーバーに設定

④ Word Press をサーバーにインストール

⑤ Word Press の最低限の設定

でした。

 

さぁ、Word Press でブログデビューです。ここからはたくさん記事を書いていきましょう。

-Blog Management

Copyright© Blog Lab , 2019 All Rights Reserved.