Credit Card VISA

三井住友VISAデビュープラス【学生が初めて作るクレカにオススメ】

投稿日:

三井住友VISA_ デビュープラス_01

「クレジットカード作ろうかな?」と思っている学生や社会人1年目ぐらいの皆さん、調べてみるとクレジットカードって色々あってどれが良いのか迷いませんか?

 

TVCMでお馴染みの「●●カードマ~ン!」とかをとりあえず作ってみようとか思っていませんか?

 

某有名デパートで入会を勧められるクレジットカードを作ってしまいそうになっていませんか?

 

そのような、これからクレジットカードを作る若い方、一呼吸置いて、是非一度この記事を読んでください。

 

日本国内において最も有名なクレジットカードは「三井住友VISAカード」と言っても過言ではないでしょう。この、三井住友VISAカードには若者向けに発行しているクレジットカードがあるのをご存知でしょうか。

 

その名も「三井住友VISAデビュープラスカード

 

今回は、学生や社会人1年目ぐらいの若い方が初めてクレジットカードを作るのに最適なカードの1枚である「三井住友VISAデビュープラスカード」を紹介していきます。

 

こんな方にオススメ

  • 初めてのクレジットカード、どこが良いかわからない
  • VISAブランドはどこで作るべきか迷っている
  • TVCMでお馴染みのカードやデパートで勧められたカードを作ってしまいそう

 

 

三井住友VISAデビュープラスカードとは

三井住友VISA_ デビュープラス_02

三井住友VISAデビュープラスカードとは、その名の通り三井住友VISAカードのエントリーモデルで、特に学生や25歳までの社会人にとって嬉しい特典の付いたカードです。

 

三井住友VISA_ デビュープラス_カードフェイス

 

では先ず、予備知識として三井住友VISAデビュープラスカードがエントリーモデルとしてオススメな理由を解説していきます。

 

安心、信頼のVISAカード

こちらのグラフをご覧ください。

 

国際ブランドシェア

 

VISAは世界で最も多く利用されている国際ブランドです。つまり、日本国内はもちろん、多くの国々で利用ができるので、1枚持っておけば安心なのがVISAカードです。

 

国内VISAカードのパイオニア

三井住友カードは、1980年2月、日本初のVISAカードとして、国内外共通「住友VISAカード」を発行したという歴史があります。

 

まさに日本国内におけるVISAカードの老舗が三井住友VISAというわけです。なので、日本国内での信頼やステータスも高いことも魅力の一つです。

 

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)と通常の三井住友VISAデビュープラスカードの違いは?

三井住友VISA_ デビュープラス_07

三井住友カードのホームページでカード一覧を検索すると、「三井住友VISAデビュープラスカード(学生)」と「三井住友VISAデビュープラスカード」があります。

 

「(学生)ってなに?」って思いませんか?

 

これは学生専用ということです。(学生)の無い通常の三井住友VISAデビュープラスカードは社会人用ということになります。

 

違いは利用限度額のみです。

 

ちなみに、三井住友VISAデビュープラスカード(学生)は30万円まで三井住友VISAデビュープラスカードは80万円までと利用限度額が設定されています。

 

調子に乗って使いすぎても、限度額が低く設定されているので安心ですね。

 

三井住友VISAデビュープラスカードの特典

三井住友VISA_ デビュープラス_03

初年度年会費無料、翌年以降も年1回の利用で年会費無料

「年会費無料」って案外よく聞くように思えますが、信頼やステータスの高いカードだと意外と年会費がかかるものが多いです。

 

その点、この三井住友VISAデビュープラスカードは―、

・初年度年会費無料

翌年以降も年1回の利用で年会費無料

(通常だと税抜1,250円)

という感じで、普通に使っていれば年会費は無料のままです。少なくとも年に1回は使うでしょ?

 

獲得ポイントが2倍

ここが三井住友VISAデビュープラスカードの一番重要で注目の特典です。「獲得ポイントが2倍」って結構凄いんです。

 

三井住友VISAカードの通常獲得ポイントは―、

利用金額1,000円(税込) = 1ポイント

となっています。

 

つまり三井住友VISAデビュープラスカードの獲得ポイントは―、

利用金額1,000円(税込) = 2ポイント

ということですね。

 

「ん?たいしたことなくね?」とか思いました?

 

ではもう少し解説します。

 

三井住友VISAカードのポイントの価値は―、

1ポイント = 5円相当

となっています。

 

つまり―、

利用金額1,000円(税込) = 2ポイント

2ポイント = 10円相当

ポイント還元率 = 1%

となるわけです。

 

ポイント還元率1%って実はかなり優秀な部類に入るんですよ。例えば、TVCMでお馴染みの楽天カードもポイント還元率は1%です。

 

さらに、入会後3ヶ月間は獲得ポイントが5倍になる特典もついています。

 

まだある!ポイント優待

獲得ポイントを稼げる仕組みは上記の還元率の高さだけではありません。まだまだポイント優待がありますので解説していきますね。

 

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのポイント優待

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで利用すると通常獲得ポイントに加え、税込250円につき1ポイントが加算されます。

 

例えば、セブンイレブンで1,000円利用すると―、

通常ポイント : 1,000円 = 2ポイント

優待ポイント : 1,000円 ÷ 250円 = 4ポイント

獲得ポイント : 2ポイント + 4ポイント = 6ポイント

となるわけです。

 

日常的に上記コンビニやマクドナルドってよく利用しますよね。日々の何気ない決済を三井住友VISAデビュープラスカードで行うことで、ずいぶん得できますね。

 

なお、日常使いでは電子マネーのiDがオススメです。iPhoneユーザーならApple Payに設定すれば簡単にキャッシュレスがスタートできます。

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

cashless_tools_01
【キャッシュレス入門】初心者でも3つのツールで簡単に始める!

「もしかしてキャッシュレス生活始めたくなりましたか?」   前回の記事ではキャッシュレスの基礎知識をお伝えしました。まだの人はこちらの記事をご覧ください。   上記記事で僕なりの現 ...

続きを見る

 

参考

なお、Google Payにも2019年秋以降に対応予定です。

 

「ポイントUPモール」を利用してポイント最大20倍

この「ポイントUPモール」とは三井住友VISAカードが運営する通販ポータルサイトです。サイトはこのような感じです。

 

三井住友VISA_ ポイントUPモール_top

 

ポイントUPモールを経由して楽天やAmazonなどで買い物をすると通常よりも多くのポイントを獲得できます。

 

なかには獲得ポイント20倍なんてものもあり、こういったポータルサイトを利用するだけでお得にポイントを貯めることができそうですね。

 

「ココイコ!」を利用してポイントやキャッシュバックの特典を受けられる

「ココイコ!」も三井住友VISAカードが運営するサービスになります。トップページはこんな感じです。

 

三井住友VISA_ ココイコ_top

 

「ココイコ!」は三井住友VISAカード提携する様々な店舗の中から、これから利用する店舗を選択し事前にエントリーすることで、ポイント優待やキャッシュバック優待が受けられるようになります。

 

これもほんのひと手間を加えるだけで、得することができるのでおススメです。

 

先の「ポイントUPモール」やこの「ココイコ!」のようなサービスって案外利用していない人が多い気がします。ところが、クレジットカードを利用する上で最も得することができるサービスなので、是非、利用してみることが良いと思います。

 

26歳以降は自動的に「プライムゴールドカード」にアップグレード

三井住友VISAデビュープラスカードを利用していくことで、26歳以降の更新時に「プライムゴールドカード」に自動的にアップグレードされます。

 

この「プライムゴールドカード」とは三井住友VISAカードが発行する20代向けのゴールドカードです。カードフェイスはこんな感じです。

 

三井住友VISA_ プライムゴールド_カードフェイス

 

通常のゴールドカードと比べてもほぼ変わらないデザインがカッコイイですよね。しかも、通常のゴールドカードの半額の年会費で利用できてしまうのです。

 

なお、「ゴールドカードにはしたくない!」という方は、通常のクラシックカードに変更することもできるので安心してください。

 

三井住友VISAデビュープラスカードの審査

三井住友VISA_ デビュープラス_04

「イケてるカードなのはわかったけど、審査が不安…。」という方、三井住友VISAデビュープラスカードは学生でも申し込めるカードなので、よほどのことが無ければ審査に落ちることはありません。安心して申込みをしてみてください。

 

なお、申込み対象は以下のようになっています。

 

申し込み対象

満18歳~25歳までの方(高校生は除く)

※未成年の方は親権者の同意が必要。

 

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

三井住友VISA_ デビュープラス_05

ここまで良い点ばかりを上げてきましたが、ここからはデメリットも何点か記しておきます。とはいえ、致命的なデメリットがあるわけではないので、あまり気にする必要はなさそうです。

 

26歳以降で自動的に「プライムゴールドカード」にアップグレード

上記でメリットとして話してきましたが、場合によってはデメリットにもなる可能性があります。

 

具体的には、プライムゴールドカードにしたくなかった場合にクラシックカードへの変更申請を怠ったケースです。

 

何が問題かというと、余分に年会費かかってしまう可能性があるためです。プライムゴールドカードは通常のゴールドカードより年会費が半額とはいえ、5,000円の年会費がかかります。

 

クラシックカードは年会費1,250円なので、4,000円弱余計にかかるということになります。

 

ゴールドカードは必要無いという場合には、クラシックカードへの変更申請を忘れないようにしましょう。

 

旅行傷害保険の付帯がない

クレジットカードには海外旅行や国内旅行に関する保険が付帯されているものが多くあります。

 

残念ながら、三井住友VISAデビュープラスカードにはそのような保険は付帯されていません。

 

なので、特に海外旅行に行く場合には別途保険に加入する必要があります。

 

25歳までしか申し込むことができない

上述の通り、ポイント優待などの特典が充実した素晴らしいカードなのですが、残念なことに25歳までしか申し込むことができません。

 

仮に25歳までに申し込んでも、26歳以降の初回更新時には別のカードに切り替える必要があります。

 

利用できる期間が比較的短いことが少しネックですね。

 

なお、これらのデメリットをカバーして同等の特典を受けられるカードもあります。JCBが発行するJCB CARD Wというカードがそれです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

JCB CARD W & plus L
【JCB CARD W】ポイント1年貯めればディズニーリゾートに行ける(新社会人、学生にもオススメ)

こんにちは、Takafumiです。   僕は過去にJCBカードを取得し、現在はJCB THE CLASSを使用しているJCBカードユーザーです。   当時JCBカードを取得した理由 ...

続きを見る

 

まとめ

三井住友VISA_ デビュープラス_06

今回ご紹介したカードは―、

三井住友VISAデビュープラスカード

でした。

 

ポイント還元率の高さや優待など嬉しい特典がついていて、特に学生にオススメです。

 

TVCMなどでお馴染みのカードを下手に申し込むのではなく、知名度は低くとも安心、信頼の三井住友VISAで初めてのクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか。

 

-Credit Card, VISA

Copyright© Blog Lab , 2019 All Rights Reserved.