Blog Management

【セルフマネジメント】ブログで成果を出す5つの手順

投稿日:2019年1月28日 更新日:

成功標識

こんにちは。takafumiです。

 

昨年、マネジメントに関する研修を受け、「そういえば、これってブログ書くモチベーション管理にも活用できるな」と思ったので記事にしてみようと思います。

 

なので、この記事はこんな人にオススメです。

 

・とりあえずサーバー借りてWord Press入れたけど、ここからどうしよう?

・なんとなくブログ書いているけど、こんな感じでいいのか不安?

・モチベーションが続かず、すぐに飽きてしまうんだよな。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

モチベーションを維持し、行動する5つの手順

・現状を知る

・目標を決める

・目標達成に向けた行動を書き出す

・行動に優先順位をつける

・実行しつつ確認をする

 

 

現状を知る

虫眼鏡 分析

現状を知らずにいきなり目標を立てるのは絵に描いた餅になってしまいます。

 

反面、現状を知ることに時間をかけ過ぎるのもやめましょう。現状を見ると良くないことに目が行きがちで、出来てないことばかりだと落ち込みます。

 

つまり、今自分がどんな状態なのかがわかればOKだということです。

 

例えば、「ブログ開設したけど記事はまだほとんど書けてない」だとか、「とりあえず10記事ぐらい書いたけど、SEOとかよくわからない」だとか。

 

このようにして、現在の問題点を明らかにすることが大切です。

 

 

目標を決める

目標 ゴール

そもそも目標は必要か?

 

ちょっとここで余談です。そもそも目標は必要でしょうか?

 

結論はもちろん「必要」です。

 

その理由を以下で簡単に述べていきます。

 

人には成長欲求があります。人だけでなく生物にとって成長することは自然なことです。

 

この視点で逆に考えると、成長しないことは不自然ということになりますね。不自然なことを続けると人はストレスを感じます。

 

ここで質問です。

「自分は成長していると言い切れますか?」

「言い切れるとしたら成長した証拠はありますか?」

どうでしょうか?

 

自分の成長とはなかなか実感できないものですよね。なので、目標は必要というわけです。

 

 

目標の決め方

さて、本題です。目標は「期限」と「達成基準」を用いて設定しましょう。

 

具体的には、以下のような感じです。

×  : ブログで稼げるようになる

〇 : 〇月までにPVを△△にし、¥□□の収益をあげる

 

「期限」に関しては、短期的な期限(1ヶ月程度)が難易度低めで、中長期的な期限(半年、1年、それ以上)が難易度高めだと思います。

個人的には、はじめは短期的な期限で目標を設定した方が良いのではないかと思います。

理由は以下です。

・目標達成に向けた行動を考える場面で、具体的な行動をイメージしやすくなる。

・期限が近い方がモチベーションを維持できる。

 

「達成基準」に関しては、達成したい成果を具体的な数値を用いて設定してみてください。具体的な数値を用いることで、その目標が達成できたかどうかがわかりやすくなります。

 

 

目標達成に向けた行動を書き出す

ノート PC

僕としては、この「目標達成に向けた行動を書き出す」ということが最も重要なのではないかと思っています。成果を出す人とそうではない人の差は、目標を達成するための行動をしているか、ただ何となく行動しているかの差ではないでしょうか。

 

先ずは紙とペンやスマホのメモアプリを用意してみてください。そしてそこに、「目標達成に向けた行動」を思いつくままに書き出しましょう。

 

とにかく最初は「思いつくまま」、できるだけ多くの行動アイディアを書き出してみましょう。

(いわゆるブレーンストーミングですね。)

 

次に書き出した行動アイディアをより具体化します。

 

例えば、

「本を読む」→「ライティングに関する本を読む」→「『〇〇(著書名)』を読む」

 

なぜここまでするかというと、経験上、人って具体的行動に落とし込まないとなかなか行動に移せないことが多いと感じるからです。

 

行動の数は目標に応じて変わってくるかと思いますが、上述の短期的(1ヶ月程度)の目標を達成するなら10個程度でOKかと思います。(もちろん、10個より少なくても多くてもOK。)

 

最初の段階で大切なのは、何をするのかを明確にすることです。

 

どうしても、行動が思いつかないという人は、ググってみましょう。

 

 

書き出した行動を実行する優先順位を決める

スケジュール

さて、行動はいくつか書き出せましたか?とはいえ、ここまで行っても案外行動に移せない人が多いように思います。

 

それは行動に「優先順位」を決めていないからです。つまり、行動に実行する「順番」と「期限」を決めてスケジューリングします。スケジューリングした結果、やりきれないものがあるのであれば、今回は無理に実行しなくてもOKです。

 

こうして「いつまでに」、「何をする」が決まると人は行動しやすくなるようです。

 

 

実行しつつ確認をする

矢印

ここまでこれば後は行動あるのみです。モチベーションは行動することで湧いてくるとも言われています。

 

また、行動がスケジュール通りに実行できたか、目標に対しての達成度合いはどうかなどを確認してみましょう。上手くいって成果が出ていればモチベーションはより高まりますし、十分な成果が得られなかったとしても、この記事の「現状を知る」からリスタートすればOKです。

(こういった流れをビジネスではPDCAサイクルなって言われていますね。)

 

 

まとめ

モチベーションを維持し、行動する手順は、

・現状を知る

・目標を決める

・目標達成に向けた行動を書き出す

・行動に優先順位をつける

・実行しつつ確認をする

でした。

 

当然ですが、これって仕事やスポーツ、勉強など、どんなことにも当てはまることかもしれません。

このような手順をほんの少し意識するだけで、僕らの目の前にある課題の解決がスムーズになると思います。是非、実践してみてください。

-Blog Management

Copyright© Blog Lab , 2019 All Rights Reserved.