Blog Management

Google AdSense(アドセンス)「ads.txt ファイルが含まれていないサイト」の対策【初心者でもわかる】

投稿日:

ads.txt_01

先日、遂に僕のところにもGoogle AdSense(アドセンス)からこのようなお知らせがやって来ました。

 

要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

「収益に重大な影響が出るだと!?」「そもそも、ads.txt ファイルって何だ!?」と焦りました。

 

何せ、Web関連の事柄はまだまだ勉強中で、このようなことを急に言われても全然わかりません。ホント小難しい用語ばかりですよね。

 

そこで色々と調べてみたところ、「ads.txt」とは何なのかや、その設定方法がわかってきました。なので今回は、僕のようなブログ初心者で、同じように上記の警告に困惑した方向けに「ads.txt」の設定に関して解説していきます。

 

こんな方にオススメ

  • Google AdSenseにads.txtに関する警告が出てきて焦っている
  • ads.txtの設定をしようと思ってもよくわからない

 

 

ads.txtとは

先ず、「ads.txt」とは何かということですが、Google AdSenseにはこのように書かれています。

ads.txt で認定販売者を宣言する

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

 

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

AdSenseヘルプ

 

相変わらず小難しい説明ですよね。要は、ブログやウェブサイトの広告枠を不正に利用されないようにする仕組みです。

 

ads.txtを設定しなかった場合、ブログやサイトの広告枠が悪用されてサイト運営者の収益が減ってしまう可能性があります。

 

現時点でGoogle AdSenseはads.txtの設定を義務付けてはいませんが、上記の通りads.txtの設定を強く推奨しています。

 

となると、設定しておいた方が良さげですね。

 

注意

なお、以下に記すads.txtの設定は独自でサーバーの契約などを行いWord Pressなどでブログを運営している方向けです。それ以外の方は、ブログサービスを提供しているプラットフォームが対応してくれるまで待ちましょう。

 

ads.txtの設定方法

では、具体的な設定方法を確認していきましょう。例によって、Google AdSenseには以下のように書かれています。

 

AdSense 向けの ads.txt を作成する

Google を自サイトの広告枠の認定販売者として宣言する場合、次のように ads.txt を作成します。

 

1. テキスト ファイル(.txt)を作成します。

2. ファイル内に次の 1 行を含めます。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください。

3. 作成した ads.txt を、ドメインのルートレベル(例: https://example.com/ads.txt)でホストします。

 

何だかわかったような、わからないような。なので、ここからは図解と合わせて設定方法を記していきます。

 

ads.txtを作成する

それでは、ads.txtファイルを作成していきます。以下の手順に沿って行ってください。

 

① テキストエディターを立ち上げる

メモ帳

先ずは、テキストエディターを立ち上げましょう。Windowsなら「メモ帳」でOKです。

 

② 必要事項を記載する

そうしたら、メモ帳に以下の内容をコピーして貼り付けます。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

ads.txt_02

このような感じです。

 

③ サイト運営者IDを記載する

次に、「pub-0000000000000000」の部分を各自のサイト運営者IDに置き換えましょう。

 

Google AdSense_アカウント

上図のように、Google AdSenseの管理ページから「アカウント」→「アカウント情報」とクリックすればサイト運営者IDがわかります。

 

④ ファイルを保存する

ads.txt_03

ここまで終えたら、上図のように「ファイル名」をads.txt、「文字コード」をUTF-8にして保存しましょう。

 

これでads.txtファイル作成はOKです。

 

ads.txtをサーバーにアップロードする

続いて、さきほど作成したads.txtファイルをサーバーにアップロードしていきます。

 

注意

ここからはXSERVERによる設定方法です。他のレンタルサーバーを利用している方も概ね同様の手順ですので、参考にしてください。

 

① XSERVERのファイルマネージャにアクセス

XSERVER_ファイルマネージャ_01

XSERVERにアクセスし、「ログイン」→「ファイルマネージャ」と選択します。

 

XSERVER_ファイルマネージャ_02

「FTPユーザーID」、「FTPパスワード」を入力し、ファイルマネージャにログインします。

 

参考

「FTPユーザーID」、「FTPパスワード」は「サーバーID」、「サーバーパスワード」と同一です。

 

② アップロードする場所を選択する

続いて、ads.txtファイルをアップロードする場所まで階層を選択していきます。

ads.txt_04

上図のように各自のサイトドメインのフォルダを選択します。

 

ads.txt_05

続いて、「public_html」と書かれたフォルダを選択します。

 

ads.txt_06

ここがads.txtファイルをアップロードする場所になります。

 

③ ads.txtをアップロードする

ads.txt_15

ページ右側の「ファイルのアップロード」という項目から「ファイルを選択」をクリックし、「ads.txt」を選択します。後は、「アップロード」をクリックすればOKです。

 

ads.txt_10

上図のように「ads.txt」というファイルが追加されていれば完了です。

 

ads.txtの設定(XSERVER編)

ちなみに、XSERVERではファイルマネージャから直接ads.txtファイルを作成する方法もあります。こちらの方が簡単かもしれません。

 

手順は以下の通りです。

 

ads.txt_07

上述の②(「アップロードする場所を選択する」)まで進め、「作成」という項目に「ads.txt」と入力し、「ファイルを作成」をクリックします。

 

ads.txt_10

作成された「ads.txt」の横にチェックを入れて、画面右側の「ファイルの操作」から「編集」をクリックします。

 

ads.txt_09

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

(「pub-0000000000000000」は各自のサイト運営者IDに変更したもの)

を入力し、「保存文字コード」は「UTF-8」を選択し、あとは「保存する」をクリックすればOKです。

 

ads.txtが正しくアップロードされたか確認する

最後に念のためads.txtファイルが正しくアップロードされたかを確認しておきましょう。

 

https://fe.datasign.co/adstxt/

 

上記URLにアクセスしてみてください。

 

ads.txt_11

このような画面になったら、ドメイン入力欄に「https://●●/ads.txt(●●はサイトのドメイン)」と入力し、「チェック」をクリックします。

 

特に何もアラートが出なければOKです。

 

「“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」と表示された場合

ここまで正しく設定してきたにも関わらず、

 

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

というアラートが出る場合があります。

 

ads.txt_11

上図のような感じです。

 

このようなアラートが出た場合は以下のような手順で対応してください。

 

ads.txt_13

先ほど作成したads.txtの上に「.htaccess」というファイルがあるかと思います。この「.htaccess」というファイルにチェックを入れ、画面右側の「編集」をクリックします。

 

ads.txt_14

上図のように、以下のコードを追記してください。

<Files ads.txt>

AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt

</Files>

 

後は、「保存する」をクリックして完了です。

 

注意

このads.txtですが、正しく設定しないと広告が表示されなくなってしまう可能性があります。ここまでの手順を正確に行い、念のため必ず正しく設定されているか確認をしましょう。

 

まとめ

上記のようにこういった設定も簡単にできるので、レンタルサーバーは

をオススメします。よろしければ試してみてください。

 

さて、無事にads.txt設定できましたか?そのうちGoogleのクローラーが巡回しに来た際にads.txtを確認すれば警告も消えるはずです。

 

不安であれば、広告表示も適切に行えているかも軽くチェックしておくと良いかもしれません。

-Blog Management

Copyright© Blog Lab , 2019 All Rights Reserved.