Credit Card JCB Money

【キャッシュレス入門】初心者でも3つのツールで簡単に始める!

投稿日:2019年5月29日 更新日:

cashless_tools_01

「もしかしてキャッシュレス生活始めたくなりましたか?」

 

前回の記事ではキャッシュレスの基礎知識をお伝えしました。まだの人はこちらの記事をご覧ください。

キャッシュレス入門_01
キャッシュレス始めませんか?種類やメリットを解説【現金決済はもう時代遅れです】

「まだ現金を使っているんですか?」   いきなり唐突な問いですよね。僕の周囲の人も街中の多くの人も、何か買い物をする際は現金を使っている場面を多く見かけます。   「いや、それが普 ...

続きを見る

 

上記記事で僕なりの現状の結論として以下のことを述べました。

 

現状、マストなツールは以下の3つです。

 

① スマートフォン

② クレジットカード

③ モバイルSuicaアプリ

 

そこで、今回はこの結論を深堀するのと合わせて、キャッシュレス決済を始めるならこれら3つのツールを活用すればOKということを記事にしていきます。

 

なお、何を隠そう、これは僕が普段行っていることそのものです。

 

こんな方におすすめ

  • キャッシュレスに関心は持ったけど、どう始めればよいかわからない
  • キャッシュレスを始めるにあたってオススメのツールが知りたい
  • 手帳型スマホケースにSuicaカードを入れている

 

 

キャッシュレスを始めるための3つのツール

繰り返しになりますが、キャッシュレスを始めるためには以下の3つのツールがあれば概ねOKです。

 

① スマートフォン

② クレジットカード

③ モバイルSuicaアプリ

 

上記3つのツールに関してさらに解説していきます。以下で述べることを実践すれば、ドヤ顔でキャッシュレス決済ができてしまいます。

 

ツール①:Apple PayもしくはGoogle Pay対応のスマートフォン

cashless_tools_02

つまりはiPhoneGoogle Pixel などのAndroid OSのスマートフォンですね。しかし、Apple PayとGoogle Payに関しては若干性質に違いがあります。

 

Apple Pay

Apple Payはどちらかといえばポストペイ型です。iPhoneのWalletアプリに登録したクレジットカードでiDやQUICK Payを経由して決済する仕組みです。

 

もちろん後述のモバイルSuicaにも対応していて、Google Payには無いSuica定期券も購入、登録できることがApple Payの魅力です。

 

Google Pay

Google Payはどちらかといえばプリペイド型に近い印象です。Googleアカウントに登録したクレジットカードやデビットカードを用いて、nanacoや楽天Edy、WAONなどの電子マネーにチャージして決済を行う仕組みがメインのように感じます。

 

こういった、電子マネーにチャージする機能はApple Payにはほぼ無い(Suicaのみ可能)ので、日々の買い物で上記のような電子マネーをカードを使って行っている人はスマホ1台に集約できる魅力があります。

 

ツール②:クレジットカードはJCBがオススメ

cashless_tools_03

なぜJCBがオススメなのかというと、Apple PayにもGoogle Payにも対応しているからです。

 

案外、Apple PayとGoogle Payの両方に対応しているカードって少なくて、JCBかJACCSしかないんです(2019年5月現在)。例えば、三井住友VISAカードはApple Payには対応していますが、Google Payには現状対応していません。

 

Apple Payを利用する方にはさらに重要ポイントです。VISAブランドのカードだと、後述するモバイルSuicaにWalletアプリ内でチャージできません。例えば、三井住友VISAはApple Payに対応していますが、WalletアプリでSuicaにチャージしようとしても以下のような表示が出て使用できません。

Apple Pay_credit_設定07

 

「それならJCBでしょ!」って理由です。

 

他にもメリットは多々ありますので、JCBが気になった方や、これからJCBカードを作るという方は以下の記事を参考にしてください。

JCB_オススメ_01
JCBカードのオススメはこの2枚【初めて持つならコレ!】

学生や社会人1年目から2年目くらいの人に「クレジットカード何使ってるの?」と聞いてみると、大概、銀行のキャッシュカードに付帯したクレジットカードや、デパートなどの店舗と提携して発行されたクレジットカー ...

続きを見る

 

上記記事の結論は、ポイントで得したいならJCB CARD W、ステータスを気にするならJCBゴールドカードということです。この2枚のうちいずれかを持っていれば、キャッシュレス決済の強い味方になってくれます。

 

ツール③:モバイルSuicaアプリをインストール

cashless_tools_04

最後はモバイルSuicaです。スマホのWalletアプリに上記のJCBカードとSuicaを登録すればキャッシュレス決済においてほぼ死角がなくなります。

 

当然ですが、iDやQUICK Pay、nanacoやWAONでは電車やバスといった公共交通機関には乗れません。ところが、モバイルSuicaさえあればJR、私鉄のほとんどの路線を利用することができます。

 

また、JR区間の定期券であれば、モバイルSuicaで定期券が購入できるため、Suicaカードさえ不要になります。手帳型スマホケースにたくさんカード収納している方にも朗報です。

 

さらに公共交通機関ユーザーはもちろんのこと、マイカーユーザーにもモバイルSuicaは重宝します。というのも、交通系ICのみ利用できるコインパーキングがあるからです。

 

最近では、タイムズや三井のリパークではクレジットカードを使えるところが増えましたが、その他のコインパーキングでは交通系ICなら利用可能というところが目立ちます。

 

「あら、1万円札しか持ってないや」みたいな時にでも、モバイルSuicaでサクッと料金支払えちゃいますよ。

 

それ以外でも、電子マネーは交通系ICのみみたいなところも結構あるんです。特に駅周辺はそういったところが多い気がします。なので、モバイルSuicaはキャッシュレス生活においてマストなツールです。

 

Apple PayでのクレジットカードやモバイルSuicaの設定方法

「クレジットカードやモバイルSuicaをスマホに入れると便利なのはわかったけど、設定が複雑そうで…。」という方に向けて、以下では設定方法も解説しておきます。

 

ちなみに、僕はiPhoneユーザーのため、今回はApple Payの設定になります。Androidユーザーの方、スミマセン。

 

Apple Payにクレジットカードを設定する

先ずは「Wallet」というアプリを開き、上部の「+」をタップします。

Apple Pay_credit_設定01

すると、このような画面になるため「続ける」をタップします。

 

Apple Pay_credit_設定02

次に「クレジット/プリペイドカード」をタップします。

 

Apple Pay_credit_設定03

カード読み取り画面になるため、枠内にカードを入れるようにすると―、

 

Apple Pay_credit_設定04

カード番号を自動で読み取ってくれます。「名前」の部分に名義を入力して―、

 

Apple Pay_credit_設定05

カード裏面に記載されているセキュリティコードを入力すればOKです。

 

あとは、カードの認証等がありますが、ガイドにそって実行してけば以下のように使用できるようになります。

Apple Pay_credit_設定06

 

Apple PayにモバイルSuicaを設定する

先ずは、App Storeから「モバイルSuica」アプリをダウンロードしましょう。

モバイルSuica

App Storeで検索すればこのような感じですぐに見つかります。

 

Apple Pay_Suica_設定01

モバイルSuicaアプリを開き、右上の「+」をタップします。

 

ここで、発行の方法が2通りあります。「アプリから発行」「カード取り込み」です。「カード取り込み」に関しては、クレジットカードの設定にほぼ準ずるため、今回は割愛します。なので以下では、「アプリから発行」のパターンでいきます。

 

Apple Pay_Suica_設定02

さて、「+」をタップしたあと、「アプリから発行」においても、「My Suica(記名式)」「Suica定期券」「Suica(無記名)」の3パターンがあります。とりあえず発行してみるのであれば、「Suica(無記名)」を選択し、「発行手続き」をタップすればOKです。

 

Apple Pay_Suica_設定03

すると1,000円以上のチャージを求められます。先ほど、登録したクレジットカードからとりあえず1,000円くらいチャージしておきましょう。

 

繰り返しになりますが、Apple PayならJCBがオススメです。こいったWallet内でのチャージも簡単にできます。

 

以降はアプリで発行したSuicaをApple Payで設定すればOKです。画面に表示されるガイドにそって設定すれば簡単にできます。

 

エクスプレスカードとして使用するかの設定

モバイルSuicaの設定に関しては1点だけ注意点があります。Apple Payに保存されたSuicaはデフォルトでは「エクスプレスカード」として設定されています。

 

参考

エクスプレスカードとは?

「エクスプレス」なんて言われると「特急」と関連するのかと思われるかもしれませんが、そういうわけではありません。「エクスプレスカード」とはApple Payに設定したSuicaをFace IDやTouch IDの認証無しで使用できる機能です。

 

この「エクスプレスカード」の設定をオフにしたい場合は以下のように設定します。

Apple Pay_Suica_設定04

WalletアプリからSuicaを選択し、画面上部「…」をタップします。

 

Apple Pay_Suica_設定05

「情報」のタブを選択し、「エクスプレスカード設定」をタップします。ここでオン、オフを選択できます。

 

ちなみに、「オン」にするメリットは「認証でてこずることが無い」、「電池切れでも最大5時間Suicaは機能する」の2点で、「オフ」のメリットはやはり「セキュリティ」でしょう。必要に応じて設定してください。

 

キャッシュレスをスタートしよう

さぁ、ここまで終えればいよいよキャッシュレス生活のスタートです。設定の手順はとっても簡単なので誰にでもできます。

 

キャッシュレスの要となるクレジットカードはやはりJCBがオススメです。理由は上述の通りです。

 

オススメカードはこの2枚です。各々のニーズに合わせて選んでください。

 

それでは、よいキャッシュレス生活を。

 

-Credit Card, JCB, Money

Copyright© Blog Lab , 2019 All Rights Reserved.